サイトマップ|サイトポリシープライバシーポリシー

会員規約
Home 入会・変更・退会
戻る
 

■ 統制技術研究機構(GTO) 会員規約

 この会員規約(以下「本規約」といいます)は、統制技術研究機構(以下「当機構」といいます)と、当機構の会員(以下「会員」といいます)との関係に適用します。入会申し込みをいただいた時点で、本規約の内容を承諾したものとみなします。当機構は、会員との間に本規約を定め、これにより当機構の運営を行います。運営は理事会の決定をもって行います。

1.会員の種別
■ 正会員(法人、個人)
  - GTOのコンセプトに賛同し、かつ活動にご協力いただける法人又は個人
■ 賛助会員(法人、個人)
  - 活動には参加できないがGTOのコンセプトに賛同していただける法人又は個人
■ 学生会員(個人)
  - GTOのコンセプトに賛同し、かつ活動にご協力いただける学生個人
■ 特別会員(法人、個人)
  - GTOの審査登録サービスを受審された法人又は個人

2.入会申し込み
 入会の申込をする方は、当機構が別に定める入会金、年会費を払込み、入会申込書に必要事項を記入し、当機構に提出することとします。

3.入会金及び年会費
 入会金及び年会費は次のように定めます。

会員種別

属性

入会金

年会費

備考

正会員

個人

5,000

5,000

正会員

法人

10,000

10,000

3名まで登録できます

賛助会員

個人

3,000

3,000

賛助会員

法人

6,000

6,000

3名まで登録できます

学生会員

個人

0

2,000

特別会員

個人

0

3,000

特別会員

法人

0

6,000

3名まで登録できます










4.入会の成立
 入会は、前項に定める入会申込に対して、事務局がこれを確認したときに成立します。

5.会員特典
■ 正会員
  - 各種技術部会への参加
  - パイロット事業への参加
  - 技術レポート、規格、ガイドラインの閲覧、利用
  - 交流会、研修会、シンポジウムへの参加

■ 賛助会員、学生会員、特別会員
  - 技術レポート、規格、ガイドラインの閲覧、利用
  - 交流会、シンポジウムへの参加

6.申込内容の変更
 会員は、入会申込書に書かれた内容について変更があったときは、速やかに書面によりその旨を当機構に通知する必要があります。
上記変更の通知がなされないまま、当機構からの会員への通知、書類等が遅延または不達になったとしても、当機構はその責を負わないものとします。

7.会員資格の継続
 会員資格有効期間が満了する場合には、当機構の用いる方法により、継続のための案内を会員に通知します。
会員資格は、当機構の定める方法による会費の払込みが当機構に確認されることをもって継続されるものとします。
一度払い込まれた会費の返還は受けられません。

8.会員資格の継承
 個人で入会した会員が退会あるいは死亡した場合には、当該会員の会員資格は失われます。
第三者への資格継承はできません。
法人で入会した会員が、合併等により会員の資格が継承された場合、当該資格を継承した団体会員は、速やかに書面によりその旨を当機構に通知する必要があります。

9.会員資格の喪失
 会員が以下のいずれかに該当する場合は、会員資格が喪失されます。
  - 退会届が提出されたとき
  - 会員本人が死亡、又は、会員である法人が消滅したとき
  - 除名されたとき

10.会員資格の解除
 会員は当機構に対し、書面で通知することにより、会員の資格を解除することができます。
解除の効力は当該通知に指定された日時に生じるものとします。
この場合には、当機構は、当該会員に対し、支払済みの会費等の金員を返還しないこととします。

11.会員の除名
 本法人は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合は、理事会の議決をもって当該会員に対し事前に通知及び勧告することなく、当該会員の資格を停止または除名することがあります。
この場合には、当機構は、当該会員に対し、支払済みの会費等の金員を返還しないこととします。
  - 法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき
  - 他の会員の名誉、信用、プライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害した場合
  - この会員規約に違反した場合
  - 会費が支払われないとき
  - 入会申込書に虚偽の事項を記載したことが判明したとき
  - 内外の諸法令または公序良俗に反する行為を行ったとき
  - その他、当機構が会員として不適当と判断した場合

12.損害賠償
 会員が、本規約及び本規約に基づく諸規則に反し、またはそれに類する行為によって当機構が損害を受けた場合、当該会員は、当機構が受けた損害を当機構に賠償することとします。
会員資格を喪失した後の場合も、前項の規定は継続されます。

13.会員規約の変更
 本法人は、運営のために必要と判断される場合、理事会の議決を経て、本規約を変更することがあります。

     Copyrightc 2008-2010 Organization for Governance Technology All Rights Reserved