トピックス 
GTO自主運営組織認定(SO認定)スキーム
Self-Operation
 
   グリーンITマネジメントシステムスキーム
GITMS
  SO認定とは、組織の活動に偽りがなく、正当な活動であることを裏付けるために、「自主的な活動であること」、「事業に対して効果的なものであること」、「経営倫理が確立ていること」を証明するものです。自主運営は企業の社会的責任を果たすための基本であり、その第一弾として、「18号監査自主運営組織認定スキーム」をスタートしました。
  GITMSとは、IT設置環境(以下総称してデータセンタと呼ぶ)に特化した環境マネジメントのことであり、組織が保有又は新たに構築するデータセンタの地球環境に及ぼす影響を最適化し、維持、改善するために必要なマネジメントの枠組みと、最新のデータセンタ環境施策を提供するものです。
     
 ISMS手法によるPマーク同等性評価スキーム
ISMS for Privacy(ISMS-P) 
 コンサルティング機関、コンサルタントの認定
Certified Consultant.html
  ISMS-Pスキームは、日本の個人情報保護法を順守するためにISO/IEC 27001のマネジメントシステムを用い、ISMSのリスク評価の結果からJIS Q 15001の要求事項をマネジメントに取り込むための枠組みを提供するものであり、組織のISMSがPマークとリスク同等性を確保していることの証明を行います。   GTOが開発した様々なスキームをお客様に喜んでいただくために、コンサルティングの質は、とくに重要です。GTOは、独立した立場でコンサルティング機関や個々のスペシャリティを認定することで本物のコンサルタントのみにGTOの開発スキームを委ねます。

サイトマップ|サイトポリシープライバシーポリシー

申込み
GTOスキームご案内
GTOの活動 入会・変更・退会 GTOの組織 新スキーム提案募集
会員専用ページ
SO認定スタート 認証機関支援 書籍ダウンロード

   

- GTO研修会へのお誘い -
GTOでは、年に2回(6月と12月)、統制技術に関わる方(企業経営者、ISO審査員、コンサルタント、企業の内部監査員、マネジャ他)を対象に、研修の機会(CPD(Continuing Professional Development)プログラム)を提供しています。ISOに代表されるマネジメントシステム規格の制定、改定、或いは、新たな評価スキームの立上げなど、内部統制に関わる様々な動きを追い、その時々のトレンドについて意見交換や、その有益性を検証するなど、ワークショップも交え、実践的な知識を身につけることを目指した内容です。奮ってご参加ください!!
※本研修参加の特典として、研修修了証とCPDログシートをお渡しいたします。
(CPD時間は、テーマ毎に記載)

  • 2012年12月のテーマは、
    第一部:「ISO 27001:2005の事業継続強化法」(2CPD時間)
    第二部:「自主運営組織認定(SO認定)」(2CPD時間)       です。
    日時:2012年12月21日予定(変更が有る場合は随時掲示致します)

         第一部 13:00-15:00
         第二部 15:15ー17:15
    場所:東京都港区南青山二丁目2番8号 DFビル 5F大会議室予定(変更が有る場合は随時掲示致します)
    参加費用:GTO正会員 無料

    一般参加をご希望の方は、大変恐縮ですがGTOの事業へのご理解、ご支援頂ける方に限り、当機構の活動支援金として寄付をお願いしています(1口 5,000円)。研修会の当日、受け付けでお渡し下さいますようお願い致します。

    【申し込み受付中】会場手配の関係で大変恐縮ですが10月31日締め切りとさせて頂きます。


  • 2013年6月のテーマは、「未定」です。
    ご案内、申し込み受け付けは準備中です。しばらくお待ちください。
.
   Copyright (C) 2012 Organization for Governance Technology All Rights Reserved.